ヴェネチア国際映画祭

もし、交通事故が発生したら(冷静な事故処理のために) - 交通事故賠償示談交渉

もし、交通事故が発生したら(冷静な事故処理のために)

一瞬の出来事として事故は起こってしまいます。
自分は大丈夫と思っていたが故に、交通事故が起こると気が動転してしまい、何をしたらいいのかわからず茫然としたままその場に立ちすくんでしまう。当然ありうることです。

そうならないために、少しでも冷静であるためには「もし‥」ということを想定しつつ、なすべきことを認識しておくことが必要と思われます。

自分には関係ない‥事故に遭わずに日々過ごせるに越したことはありませんが、直接ではなくても同じ時間とひとつの事故という空間の中に、言わば第三者としている場合でも知っていて損はありませんし、それなりに人の役にたつのではと思います。

事故処理プチマニュアルとしてご参照ください。

交通事故漫画.JPG

【もし、交通事故が発生したら(冷静な事故処理のために)】

もし、交通事故を起こしたら、あるいは遭遇したら‥
冷静であるためにも以下の5項目をしっかり捉えておきましょう。

[1]二次的事故の回避
  ↓ 
[2]負傷者の救護(119番へ連絡)
  ↓
[3]警察への連絡(電話110番)
  ↓
[4]任意保険(会社)への連絡
  ↓
[5]目撃者の確保



[1]事故現場の安全の確保〜”慌てない!”
 とにかく冷静になり、現場の危険の有無を確認します。
 後続車両がぶつかってくる可能性もあります。
 (特に高速道路や交通量の多い国道などは危険です)
 ・直ちに発炎筒、フラッシュライトや赤旗等で後続車両に事故発生を知らせる
 ・くれぐれも自分が轢かれないように注意!!

[2]負傷者がいたら、怪我の程度に応じ必要があれば救急車を要請。
 (119番通報)
 その際、的確に情報を伝える必要があります。
  @正確な事故発生場所
  A火災は起きているか?
  B負傷者の人数は?
  C負傷者の怪我の程度等‥具体的に
   ・意識の有無
   ・出血の程度
   ・負傷者が車体に挟まれているなど。

[3]事故の発生を警察に連絡します。
 事故といっても程度により、警察への連絡は必要ないと勝手に判断してしまうのはよくありません。
 免許の累積点数のなどの事情により、警察への連絡を嫌がる加害者もいます。が、何らかの金銭的やり取りが発生する場合、後からのトラブルを避けるためにも、また自動車保険を使用する場合は事故証明が必要ですので、必ず警察に事故の届けを出すことです。

[4]任意保険会社の24時間事故受付センターに連絡
 ともかく気が動転してしまって、何をしたらいいのかわからないときには、任意保険会社の24時間事故受付センターへ連絡して、アドバイスを受けることもできます。
 もちろん、事故により何らかの損害が発生している場合は、加害者・被害者に関係なく保険会社に連絡します。
 そうすることで後々の処理が円滑に進められます。

[5]目撃者の確保と言うのは、一方的な判断を避けるために重要なことです。
 たとえば、信号無視が原因の事故などで、後から争いになりそうな場合は、極力その場で目撃者の連絡先を聞き、協力を要請しておくことです。


→事故処理が終わったら‥注意点と具体例

タグキーワード
示談と事故処理カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 交通事故賠償示談交渉 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。