ヴェネチア国際映画祭

交通事故 むち打ち症後遺障害について - 交通事故賠償示談交渉

交通事故 むち打ち症後遺障害について

むち打ち症と後遺障害の認定
交通事故@.JPG
交通事故でむち打ち症になってしまい、
痺れや感覚麻痺の症状があったら‥


むち打ち症とは

・ムチ打ち症(又はむち打ち損傷)というのは俗称です。
・医学的な診断名は「外傷性頚部症候群」または「頚椎捻挫」と言われます。
・交通事故にあった場合、事故当日はほとんど症状が出ないで、後日様々な症状が出てくることが多いようです。
※むち打ち症の特徴として事故直後に頚部痛が出ずに数時間あるいは数日後になって症状が出てくることは医学上では説明がつかないとされています。

〔むち打ち後の症状の例〕
・頚部のこわばりなどの不快感
・頭の動く範囲がせまくなった
・首だけでなく肩、腕、指先までの痛みのひろがり
・頭痛
・頚部、肩、腕、指に疼痛を感じる
・握力が弱まった感じがする
・眼が疲れやすく、ときおりめまいが‥
・吐き気や息切れがする

他に、事故以前には自覚症状がなくても、事故が契機で状態が悪くなり、不安定性が増し他ために、症状がでてくる可能性もあります。

むち打ち症の問題点‥[1]

事故直後は誰でも興奮と驚きで、自律神経が興奮していて痛みを感じにくい状態にあると言っていいと思います!
一瞬の出来事とはいえ、交通事故がもたらす人体への損傷とはそれほど複雑だと認識しておくべきで、場合によっては後遺障害を残す可能性もありあります。

交通事故には様々な原因因子があるためにその損傷部位は一定ではなく、色々な損傷があると言われています。
しかも、むち打ち症は上記のような症状があるのに、レントゲン・MRI上に何の問題も無いため、整形外科等ではあまり親身に治療をしていただけないことも多く、せいぜい湿布と痛み止めを処方するだけに止まります。

ですから追突事故などでむち打ちになり通院中の人は、決してたかがむち打ちと軽く考えるべきではありません。
ムチ打ち症(外傷性頸部症候群又は頚部捻挫)は極めて複雑であり、未だに医学的に解明されていない部分が多く難解な疾患あると、患者側としても理解し、症状をしっかり捉えて、当初よりきちんとした治療を心がけるべきです。

なぜなら、後からどんな支障が出てくるか、ほとんどの被害者は分かりません。

3ヶ月を経過しても症状の好転がみられず、後遺症を残す場合、上記のような判断(医者)の下ではいつまでたっても怪我が治癒することはありません。
かといって、一方的にお医者さんや病院のせいにもできません。
これは後々の自分の実を守るために是非キモに命じていて欲しいことです。

もし後遺症が残った場合、それまでにちゃんとした治療(理由と目的をもった)をしていないと、後遺障害の認定を受けることが難しくなります。


むち打ち症の問題点‥[2]

むち打ち症は、後から症状が出てくる場合が多いのですが、ただ「痛いから」というだけで漫然と通院していると、怪我が治る前に保険会社による治療の打ち切りが想定されます。

一般的に頚椎捻挫は3ヶ月で治ると言われています。

医学的に見て、8割程度の頚椎捻挫は3ヶ月程度で治るものだからですが、3か月を超えてもまだ症状が残っている場合で、今後治療を続けることによって改善の見込みがあると医師が判断すれば、引き続きさらに3か月程度は治療できます。
6か月ぐらい経つとつと、一応症状が固定し、後遺障害の申請の目安になってきます。

問題は、継続治療の必要性を医学的に立証した上できちんとした治療をしていかないとほとんどが「該当しない」という状況にあるということです。

◆むち打ち症と後遺障害の認定

むち打ち症で疼痛(とうつう:ジンジンと刺すような痛み)以外に痺れ(しびれ)や感覚麻痺を発症している場合は、後遺障害を残す可能性が高いと考えるべきです。

そして、
「後遺障害の認定」には「主治医の選択」と「日ごろの治療の根拠を明確にすること」が何より大事です。

追突された瞬間から‥後遺障害の危険性を自覚して、漫然とした治療をさけ、「転ばぬ先の知恵」としての知識を得ることです


転ばぬ先の知恵⇒「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」

むち打ち症カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 交通事故賠償示談交渉 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。