ヴェネチア国際映画祭

交通事故〜地裁支払い基準で示談交渉を勝ち取る! - 交通事故賠償示談交渉

交通事故〜地裁支払い基準で示談交渉を勝ち取る!

実通院日数が100日を超えている、あるいは後遺傷害が認定された時の自賠責基準と地方裁判所支払基準について。

後遺障害等級には1〜14級まで、支障の程度により分かれています。
(参照:自賠責保険後遺障害等級表

一番低い後遺障害等級が14級ということになりますが、この等級でのシュミレーションをしてみたいと思います。ちなみに第14級の内容は以下の通りです(上記等級表より抜粋)

1 1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
2 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
3 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になつたもの
4 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
5 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
6 1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失つたもの
7 1手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
8 1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
9 局部に神経症状を残すもの(高次脳機能障害としては労災基準適用のみにかかるもの)
10 男子の外貌に醜状を残すもの


始に、結論から申しますと一般サラリーマンでさえ最低175万円の差!!が出るということです。

【後遺障害等級14級】
※(注)地裁基準は東京弁護士会「赤い本」によります。

[後遺障害慰謝料]
  <自賠責基準>  32万円
  <地裁基準>   110万円
   差 額        78万円

・逸失利益‥定額43万円(その障害がなかったら手に入れていたであろう「お金」のこと)
 ※ライプニッツ法で多額算出するのが主流

●ライプニッツ式計算法
 概略的に言いますと、将来における損害賠償を一時金で受け取る場合、中間利息控除と言う概念があり、その中間利息を年5%の福利で計算する方法をいいます。
 後遺障害慰謝料の金額は、自賠責基準と地裁基準のどちらも定額になっていますが、逸失利益の計算は全く異なっています。

「自賠責保険における逸失利益は定額」になっていますが、「地裁基準の場合の逸失利益の計算は、被害者の基礎収入と労働能力喪失率」で決まります。
これが何を意味するところは、「自賠責支払い基準は低すぎる」ということです。

逸失利益の計算‥(例)

〔計算式 = 基礎収入額 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数〕

・基礎収入額=事故前年の税金を含む総収入額=サラリーマンは源泉徴収票に記載されている税込み金額

<基礎収入=650万円:サラリーマンの場合>
・後遺障害 14級 ─ 14級の標準労働能力喪失率=5%
・喪失期間 5年(1〜5年が最多)
・喪失期間5年に対するライプニッツ係数=4.329

  650万円 × 5% × 4.329 =約140.7万円

 ●自賠責保険との差 = 140.7万円 − 43万円 =97.7万円

※後遺障害部分のみで見ても、後遺傷害慰謝料差額(78万円)と逸失利益差額(97.7万円)を併せて、175.7万円の差が出てきます。

★このほかに、自賠責支払基準と地裁基準を比較して大きく差があるのは、「入通院慰謝料」と「実通院日数」の求め方です。

 自賠責基準では入院も通院も慰謝料は変わりませんが、地裁基準では、「入院慰謝料と通院慰謝料に分かれています」ので、入通院慰謝料にも大きな差が出てきます。

いかがでしょうか?
では、地方裁判所支払い基準で補償を受けるには、裁判をしなければならない、のでしょうか?

実は、無料で地方裁判所支払基準で保険会社との和解をあっ旋してくれる機関(※参考:ページ下に紹介)がありますので、後遺障害が残ってしまったある程度通院日数が多い被害者の場合、地裁基準で解決する事をお勧めします。


損害賠償額の算定において、ある条件下では自賠責基準と地裁基準でとても大きな金額差が出ることを理解すべきかと思われます。


交通事故に遭遇したら交通事故解決ノウハウマニュアルが必要です。
書店で見れない裏の知識を探すのが今や常識!
  ↓ ↓ ↓
⇒これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」


(※参考)
 最後まで、お読みいただきありがとうございます。
 上記に記載の※斡旋機関ついてご紹介します。世の中には、無料でしかも地裁基準であっ旋してくれる魔法の館が存在します。
それは、財団法人交通事故紛争処理センター日弁連交通事故相談センターです。
 どちらも無料で弁護士が交通事故損害賠償の相談にのってくれ、しかも保険会社との間に立って和解のあっ旋を地方裁判所支払基準でしてくれるという、まさに被害者にとってはまさに願っても無い魔法の館です。
 ここに案件を持ち込んで解決するほうが、自賠責支払基準で解決するより賠償金額が多くなる場合、迷わず魔法の館の利用を選択してください。
  ↓   ↓
◆示談交渉を勝ち取れ!裏技慰謝料計算!


その際に必要になってくる地方裁判所支払基準の解説は、こちらになります。
 ↓
示談交渉を勝ち取れ!裏技慰謝料計算! 赤鬼の「ザ・慰謝料」【完全版】


【著者からのメッセージ】
これは、非売品で 悪用現金?! 違います!!悪用厳禁の裏マニュアルです。裏技を効率的且つ合法的に使用するマニュアルで4つの実例を載せて説明しています。
本来は別のマニュアルに搭載する内容でしたが、最終的な編集の段階で弁護士と相談し、削除した内容をひとつにまとめた物です。
弁護士と相談の上削除した内容ですので、販売を自粛しておりましたが、何とか皆様のお役に立てることができないかと考え、悪用しないことをお約束していただける方にのみお譲りいたします。
くれぐれも悪用しないで下さい!
>>詳細はこちらをご参照ください





| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 交通事故賠償示談交渉 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。