ヴェネチア国際映画祭

交通事故〜自賠責保険と任意保険 Part2 - 交通事故賠償示談交渉

交通事故〜自賠責保険と任意保険 Part2

<自賠責保険と任意保険の2段階構造を理解することが示談交渉には大事です>

<人身事故の場合>には「自賠責保険」ならびに「任意保険」が適用されますので、事故によりケガをした被害者は治療費を「自賠責保険会社ならびに任意保険会社」から「2階建て構造」で支払ってもらうことができます。

 ※治療費は自賠責保険の限度額120万円を最初に使用し、足りない部分を任意保険会社が支払う・・・現実には自賠責保険が支払う保険金を任意保険会社が支払っています。(Part1)
  ↓
この任意保険会社による自賠責保険金の立替行為を「任意一括対応」と呼び、任意保険会社が被害者に対して行うサービスの1つです。

※実際は加害者のためのサービス
  ↓
もし任意保険会社が自賠責保険の保険金の立替をしなかったら、加害者が被害者の治療費を立て替えなくてはなりません。
(理由は、自賠責保険が病院に直接治療費を支払うことをしないから)
加害者は被害者に代わって治療費を支払い、その領収書を基に自賠責保険に保険金を請求しなくてはなりません。

(もし、加害者に誠意がなく治療費を立て替えてくれない場合は、被害者自身で治療費を自賠責保険に請求することになります)

⇒大抵の場合、上記のようなことはほとんどないと思います。いずれにせよ面倒ですから。

大概として、一般的な人身事故では任意保険会社による「任意一括対応」がされていますので、怪我をして通院しているほとんどの被害者は、保険会社が治療費を直接医療機関に支払うことが当たり前と思っていて、これらの事(2階建て構造)に関心がないというか、気づきません。

  ↓
もし、この自賠責保険と任意保険の二階建て構造を理解しないまま示談交渉をしようとすれば、その部分に隠された落とし穴にまんまと落ちてしまい、保険会社に払い渋られた事実に気が付くことはないでしょう。

交通事故に遭遇したら交通事故解決ノウハウマニュアルが必要です
書店で見れない裏の知識を探すのが今や常識!
  ↓ ↓ ↓
⇒これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」

自賠責保険と任意保険カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 交通事故賠償示談交渉 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。