ヴェネチア国際映画祭

交通事故賠償示談交渉

交通事故で不幸にもムチ打ち被害者に‥


あなたは、交通事故で不幸にもムチ打ち被害者になりました。

次のような事実をどう考えますか?

交通事故でムチ打ちになり、完治する前に保険会社に治療を打ち切られ、交通事故後遺症も認めてもらえず、すずめの涙で示談後に症状が悪化、働くことも出来ず、当然の如く何の補償も無いため貧困生活を強いられ


そして・・・ 示談した後に、

『本当はもっと高額の損害賠償金を受け取る方法があった』

と教えられてしまったら・・

orange-01-2.JPG
-  |  次の1件 »

交通事故「むち打ち症」高額損害賠償請求法

交通事故「むち打ち症」高額損害賠償請求法

「交通事故損害賠償」で「満足いく結果」を望むのであれば、「被害者自身がしっかりした知識を身に付けること」が何よりも大事と心得なければなりません。

「交通事故損害賠償」には、一般の交通事故被害者にはあまり知られていない多くの情報が存在しています。
 にもかかわらず、保険会社は損害について被害者に情報を提供するどころか出来るだけ隠そうとするため、知らない被害者が損をするという構図は未だ存在します。

詰まるところ、自分の身は自分で守らなければならないのです。

分らないからといって100%他者(保険会社等)依存していると、正当な損害賠償を受け取れずに損をするのは必然です。

日本の法律では、「損害賠償を立証する責任が被害者側にある」ため、「被害者が請求しない損害」については支払う必要がありません。

つまり、交通事故損害賠償の知識がない被害者、すなわち本来支払われるべき損害の概要を知らず、加害者側加入の任意保険会社に全てを任せたとしたら、それは相手の言われるままに動く操り人形に等しいということです。

少なくとも、自分の被害者としての立場が極めて深刻で正当な場合は、後々のこともしっかりと考慮し、正当な損害賠償を受け取ることを死守すべきです。


「無知な被害者はわずかな示談金しかもらえない」─この不公平な構図を打破する方法はただひとつしかありません。

「被害者自らが交通事故損害賠償の知識を習得し、正しい損害賠償請求をする方法を身に付けていくことです」

☆被害者の最大の武器は知識です!!


とは言え、”言うは安く行なうは難し”です。

☆あなたは、その知識の習得をどこに求めますか?

繰り返しますが、「交通事故損害賠償請求」で一番重要なことは、請求する「被害者が自分の受けた損害を正しく理解し請求すること」です。


さて、もしあなたが交通事故の被害者になってしまったら、まず最初に頭に浮かぶのは何でしょうか?
あなたは、交通事故で最も多いといわれる追突事故による「むち打ち症」になってしまいました。

「慰謝料と休業損害はいくらもらえるのか!」ではありませんか?

そこで、質問です。

「交通事故の慰謝料とは何ですか?」

ちなみに、「むち打ち症」の慰謝料についてインターネットの検索エンジンで調べる人が毎月10万人近くいるそうです。
毎月これだけの人がこの”ワード”(ムチ打ち症)を調べる背景には、事故によるこの症状への慰謝料問題の複雑さがあるからでしょう──が、どうやらそれだけではないようです。

実は、ネット上でその知識を求めても、どれだけ検索ランクが下位のサイトを見ても満足できる追突事故による「むち打ち症」慰謝料の知識にたどり着けない方がほとんどのようです。

「慰謝料」の言葉一つをとっても、交通事故に特化した慰謝料の意味を調べることは至難です。

(実際、目の前に即座に解決すべき問題がある中、こういった行動は非効率でムダといわざるを得ません)

一般的な慰謝料の意味であれば、ネット検索でなくても辞書を利用すればすぐに調べることは可能ですが、「交通事故の慰謝料」は調べようがありません。

かといって書店で事故の慰謝料の本を探すと、どれも内容は一般的に良く知られている示談の方法や、ネットで調べればすぐ分るような法律的知識を書いたものがほとんどです。

まして、追突事故による「ムチ打ち症」の慰謝料は特に複雑ですので、むち打ち症に関して役立つ慰謝料知識や計算の裏技等を入手することは非常に困難です。

あえて断言するとすれば、これだけの「交通事故に特化した慰謝料」の意味を調べることは不可能だと言えるでしょう。


そこで、交通事故に特化した交通事故マニュアル選びが非常に重要になってきます。

(ここの真意は、”時間はお金では買えない”けれども、”無駄な時間の浪費を防ぐ為に買える時間”はあるということです)


●不幸にも交通事故に遭遇してしまったら、必ず必要になる知識があります。
●事故発生から示談解決まで様々な知識が必要ですが、これだけは知っていないと大損をする知識があります。


事故に遭遇し、慌てて書店で交通事故関連の書籍を探すのですが、見たこともない言葉が並ぶ様々な書籍に困惑してしまいます。
結局のところ、実際に何をして良いか何も分らずに終ってしまいます。
それはなぜか? 簡単です!

書店の書籍は、全ての交通事故被害者向けに何から何まで書き過ぎるからです。


Aさんは、交通事故で不幸にもムチ打ち被害者になりました。
Q:次のような事実をどう考えますか?

・交通事故でムチ打ちになり、完治する前に保険会社に治療を打ち切られた。
・交通事故後遺症も認めてもらえず、すずめの涙で示談──後に症状が悪化。
・そのため、働くことも出来ず、当然の如く何の補償も無いため貧困生活を強いられることに‥。

実は、示談した後に、「本当はもっと高額の損害賠償金を受け取る方法があった」と教えられた・・・

でも、時既に遅し。完治しないまま示談させられたAさんは、後遺障害を残したまま、すずめの涙ほどの示談金で、辛い症状を抱えて生きていくことに‥。


何故Aさんは交通事故被害者でしかも後遺障害が残ってしまったにも関わらず、正当な補償を受けられないまま悲惨な人生を歩むことになったのでしょう?

ほとんどの交通事故被害者さんは自賠責保険支払基準もしくは任意保険会社独自の低い基準で騙されます。

当然かもしれませんが、長い人生で何度も交通事故に遭遇する人はいませんし、それを望む人なんかいません。
交通事故被害者のほとんどは、初めて経験する交通事故による怪我に戸惑い悩み、どうしてよいか分らないままに、チマタの噂と感情だけで行動してしまいます。

その結果、交通事故損害賠償知識に乏しいほとんどの交通事故被害者は、保険会社の提示する自賠責保険支払基準範囲内のほんのわずかな損害賠償金で、示談させられてしまいます。
たとえ後遺症を残したとしてもです!

そうならない為に、
たとえ他覚症状が認められ無くても治療を継続し、後遺障害を認定させる方法
を知らなくてはなりません。



交通事故被害者であるAさんが絶対してはいけなかった3つの行為があります。

1つは、一般に漫然治療と呼ばれるものです。
2つ目は、過剰な被害者意識です。(※シッタカさんの存在)
3つめは、自分の意思なくひとりの医者を信じ込み、セカンドオピニオンを求めなかったこと。

医師に頼ったままで、全てを他人任せにした他力本願的な状況に身を任せているのと、あらゆる方法で情報を手に入れ自ら戦うのとでは、結果として雲泥の差が出てくるのは明らかです。
それはまさに、天国と地獄の違いといえるでしょう!





この詳細を明らかにし、また自身の実体験を通し、そのように悲惨なムチ打ち症被害者が、一人でも少なくなって欲しいという願いから、作成されたマニュアルがあります。

⇒これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」



・交通事故後遺障害14級で850万円損しない請求法
・むち打ち後遺症14級で850万円


このマニュアルには、被害者が取るべき正しい行動と、泣き寝入りしないための対策を実行し、850万円の金額を受取ることができた確かな証拠が記されています。


●悲惨な被害者にならないために取るべき正しい行動とは?

●泣き寝入りしないための対策とは?


赤川静雄氏.jpg<作者プロフィール>
赤川静雄(通称:赤鬼)
株式会社ジェットブラスト 代表取締役
交通事故損害賠償請求コンサルタント
・「交通事故後遺障害慰謝料、損害賠償請求を考える会」代表 
・日本禁煙科学会認定 禁煙支援士
・趣味:スキー(交通事故後遺症でお休み中)
・好きなもの:音楽鑑賞、映画鑑賞、カニ、日本酒(鬼殺しはイヤ)



”赤鬼”が交通事故で怪我して、交通事故被害者の辛く厳しい状況を身をもって実感したことで、一念発起し、世の中にまだまだ沢山存在する悲惨な被害者が泣き寝入りしないために本業の合間に救済活動を始めまた。→詳細はこちら

曰く、

・保険会社が引いてくれたレールの上を正直に進むと、「泣き寝入り」という名の終着駅に到着します。

・泣き寝入りをしないための対策はあなた自身しかできないのです!!
・不幸にも後遺障害が残存する被害者になってしまったら、不平や恨みを言う前に勉強をしていただけませんか?

・確かで必要な情報を手に入れる努力をした被害者のみが救われるのです。


”赤鬼”こと赤川静雄氏による「高額損害賠償獲得用『究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル』」の詳細および利用者の声等については下記の案内をご参照ください。

筆者(作者)同様、このマニュアルにより、あなたの深刻な問題が望みどおりの解決に至ることを願ってやみません。

交通事故損害賠償請求法-2.JPG

※画像はイメージです。


→詳細案内はこちら

※実際の書類による実務解説
※ご購入者の立場に立った「特典」やサポートもあります。

(付記)
【マニュアルの効果的な使用開始時期】

●「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」は事故発生から2〜3ヶ月に購入すると効果的です。
交通事故による頚椎捻挫いわゆる「むち打ち症」の場合、ほとんどの損害保険会社は治療を3ヶ月をめどに終了させたがります。
捻挫は遅くても3ヶ月で治るという理由からですが、一般的には2ヶ月ぐらいで治癒している症状が2ヶ月が経過しても軽快しない場合は後遺障害を疑う必要がでてきます。

にもかかわらず、同時期に保険会社より治療打ち切りの打診あるいは一方的な打ち切りがおこなわれています。

この時期をどのように切り抜け後遺障害を立証していくかが最大の課題ですが、多くのムチ打ち被害者は知識に乏しいためこの段階で保険会社より示談へと誘導されてしまいます。

事故受傷より2〜3ヶ月しても症状がきつい場合は、先ず治療を継続することが第一です。
しかし、きちんとした治療の仕方をしていない場合は、治療の継続もできない事になります。
そこで、早い段階から保険会社に治療を打ち切られず継続するために必要な準備をしていなくてはなりません。

治療が継続できなければ後遺障害認定は不可能ですので、事故発生から2〜3ヶ月でのマニュアル使用開始が効果的になります。


「明日、保険会社から電話がかかってきたら何と答えますか?」
  ↓ 
答えはここにあります。⇒究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル




タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の1件 »
Copyright © 交通事故賠償示談交渉 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。